関東高知県人会ホームページ

「漂巽紀畧 ひょうそんきりゃく」出版のご案内

トップ  >  2018  >  「漂巽紀畧 ひょうそんきりゃく」出版のご案内

さて、県人会員でもあり、数々の女性誌の編集を手掛けられ出版プロデューサーとしてご活躍中の谷村鯛夢様より、出版本についてのご案内が届きました。

「漂巽紀畧 ひょうそんきりゃく」

ジョン万次郎 述、河田小龍 記、 谷村鯛夢 訳、 北代淳二 監修 

講談社学術文庫より定価800円(税別)2018年12月10日発売

アマゾンからも購入できます。ぜひご覧ください。

 

https://www.amazon.co.jp/%E6%BC%82%E5%B7%BD%E7%B4%80%E7%95%A7-%E5%85%A8%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E8%AA%9E%E8%A8%B3-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E5%AD%A6%E8%A1%93%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%B2%B3%E7%94%B0-%E5%B0%8F%E9%BE%8D/dp/4065142628/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1545704088&sr=1-1&refinements=p_27%3A%E8%B0%B7%E6%9D%91+%E9%AF%9B%E5%A4%A2

 

 

以下、谷村様からのご案内となります。

 

皆さんへ

江戸後期、14歳での出漁中、足摺沖で遭難、室戸岬を最後の土佐の姿と見ての漂流以来、アメリカ捕鯨船に救助され、アメリカ東部で日本人ではじめて「市民レベルの教育」を受け、捕鯨船幹部船員となって世界の海をめぐり、まさに鎖国の幕末日本からすれば「40年先の未来社会」で生きて、そして12年ぶりに奇跡の帰郷を果たした「ジョン万次?」。
 そのジョン万次郎の語り下ろしを、あの河田小龍が聞き取り、絵入りで書きまとめた
 「漂巽紀畧 ひょうそんきりゃく」を谷村鯛夢(私です・室戸市出身)の全現代語訳、ジョン万研究の第一人者北代淳二さん(高知市出身)の監修で、 講談社の学術文庫(¥800)から(12月10日発売)刊行する運びとなりました(アマゾンは12日から)。

「漂巽紀畧」は、すべての“ジョン万次郎”物語のルーツとなった書物ですが、
それより何より、山内容堂を驚かせ、幕末の緒大名を驚貸せ、幕府を驚かせた 本邦初の、本格的な「西洋事情」ドキュメンタリーであったと思います。
 遭難という偶然ではあったものの(これが万次?の、いわばタイムマシーン)、この頭のよい、生命力に優れたこの少年は「デモクラシーのアメリカで初めて市民レベルの教育を受けた日本人」とな り、当時のグローバル産業であった 捕鯨船の幹部船員になって、スエズもパナマもまだ抜けていなかった時代の世界中の海をめぐり、 合衆国東部海岸の先進都市ボストン近郊を中心に10年を暮し、 そしてハワイ経由で帰国(身分社会の日本へ逆戻り)を果たすわけですから、 「40年先の社会」からのタイムスリップ、バックツーザフューチャー物語といって も過言ではないと思います。
だからこそ、この信じられない知識と技術を身につけて帰ってきた(ペリー来 航の直前という奇跡、とは司馬遼太郎氏の言) この元漁師を抱えこもうとして土佐藩はすぐに藩士とし、それをすぐに幕府は直参旗本として抜いていったわけです。
 そうった極めて文化的価値の高い書物なのに、これまで研究者が抱え込みすぎ、という感じがありましたので、 私としては、「古事記」や「解体新書」などの現代語訳がある、講談社の看板文庫である学術文庫に入れて、この書物の価値を位置づけようと思ったわけです。
 その上で、この壮大な幕末の壮大なドキュメンタリー、とんでもない見聞録を誰でも読める物にしたい(だいたい、題名が読めない・笑)、特に若い人が手に入れやすい廉価な文庫本で普及させたい、という思いを込めたプロジェクトにしました。 2年かかりましたが、まあ満足しています。
 当方の出版プロデューサー、編集者、文筆家としての「晩年(笑)」で、高知県に も少しは貢献できたかな、と思っています。また、12月29日から桂浜の龍馬記念館で「ジョン万」展覧会も始まるようですが、一緒に盛り上がることが出来れば、と思っています。
 ぜひ、お手にとってご覧いただき、ご支援を頂ければ幸甚と存じます。
よろしくお願い申し上げます。

 

 谷村鯛夢(和典)   2018年12月吉日

 

前
BS-TBS「日本遺産」放映のお知らせ【12月23日(日)9時より】
カテゴリートップ
2018
次
【ミゲルソーサと仲間たち】公演のお知らせ

 

© Copyright 2009-2019 高知県人会. All Rights Reserved.